医療・健康Tips

「ふけ」はタイプ別に効果的な対処を

  • 文字
  • 印刷

 ふけに悩む人は少なくありません。ふけにはカサカサした乾性ふけと、ベトベトした脂性ふけがあり、それぞれの原因に合わせた効果的な頭皮ケアの方法があります。シャンプー剤の選び方や、ケアの方法について紹介します。

頭皮が健康なら気にならない

 ふけの正体は、頭皮の新陳代謝によって脱落した角質物質。頭皮も皮膚の一部なので、顔や体の皮膚と同じように約1カ月周期で新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返し、このときはがれ落ちる古い角質がふけです。したがって、だれにでもふけは発生しているのですが、頭皮が健康な状態であれば見えないぐらいに小さく、シャンプーするときに洗い流されてしまうため、通常、気になることはありません。

 しかし、湿疹などの炎症が起きたり、頭皮の皮脂量のバランスが崩れると、新陳代謝のリズムが乱れて、角質のはがれ落ちるペースが速まったり、大量のふけが発生したりするのです。これがふけ症です。個人差はありますが、多くはかゆみを伴います。原因には、炎症のほかに、頭皮の乾燥と皮脂の過剰分泌があり、それぞれ発生するふけのタイプが異なります。

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1706文字)