現代フランス健康事情

新型肺炎 フランスに広がる不安

竹内真里・フランス在住ライター
  • 文字
  • 印刷
シャルル・ドゴール空港の手荷物受取所ではマスクを着用した西洋人らの姿も=2020年2月26日、筆者撮影
シャルル・ドゴール空港の手荷物受取所ではマスクを着用した西洋人らの姿も=2020年2月26日、筆者撮影

 2020年2月26日、フランスで2人目の新型コロナウイルス感染による死者が発表された。1人目は中国からの旅行者で80歳の男性だったが、今回死亡したのはパリの北30kmにあるオワーズ県の60代のフランス人男性教諭。中国への渡航歴や他の感染者との接触もないという。

 国内の感染者数は急増し、100人を超えた。5000人を超す屋内イベントは中止となり、3月1日に実施されるはずだったパリセミマラソンも中止、ルーブル美術館も閉館となった。

この記事は有料記事です。

残り2706文字(全文2922文字)

竹内真里

フランス在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はリヨン市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。