知ってほしい「認知症の大事な話」

突然の認知症? 実は治りやすい「せん妄」かも

小田陽彦・ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 認知症と似たような症状が出るけれど、実は全く異なる病気に「せん妄」があります。例えば自分の高齢の家族が突然にぼうっとしたり、今いる場所や日付が分からなくなったりすれば誰でも認知症発症を心配するかもしれませんが、実はこれらの症状はせん妄によって起こっているのかもしれません。そして、せん妄は認知症と異なり回復可能性があるので、両者を区別するのは重要です。日本神経学会の「認知症疾患診療ガイドライン2017」は、せん妄を「認知症と区別すべき病態」の一つに挙げています。

 せん妄は意識障害の一種です。何らかのきっかけで脳機能が急低下することによって突然に起こります。これまでの連載でも述べてきましたが、薬(風邪薬、胃薬、抗不安薬・睡眠薬など)もきっかけの一つです。風邪薬でせん妄を起こした事例はこの連載の2回目で、胃薬で起こした例は3回目で紹介しました。

この記事は有料記事です。

残り3189文字(全文3564文字)

小田陽彦

ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長

おだ・はるひこ 1977年、兵庫県西宮市出身。兵庫県立ひょうごこころの医療センター精神科医師。神戸大学医学部卒。医学博士。神戸大学医学部精神科助教、兵庫県立姫路循環器病センター等を経て2017年4月より現職。日本精神神経学会専門医・指導医。日本老年精神医学会専門医・指導医・評議員。著書に「科学的認知症診療」(シーニュ社、2018)