実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 休校しても減らしたい「元気な感染者」

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
休校を前に、最後のホームルームであいさつを交わす教諭(左)と小学校6年生の児童ら=甲府市で2020年3月3日午後2時、高田奈実撮影
休校を前に、最後のホームルームであいさつを交わす教諭(左)と小学校6年生の児童ら=甲府市で2020年3月3日午後2時、高田奈実撮影

 2020年3月2日以降、政府の要請を受けて全国各地の小中高校が休校になりました。短くて2週間程度、長ければ4月の春休み明けまで休みです。突然の政府のこの決定には批判も多く、「卒業式がなくなるのは生徒が気の毒」「欠勤せざるをえない保護者が少なくなく、保護者が医療職の場合は医療機関の機能が縮小する」という声も上がっています。医療者のなかにもこの決定に反対する者が多く「子供は感染しても重症化しないのに、休校にする科学的根拠があるのか」という批判もあります。確かに、日本のみならず中国や他国のデータをみても小児が重症化している例はほとんどありません。ですから、小児や保護者、あるいは学校の先生たちの立場からすると納得のいかない政策だと思います。

 ですが、私自身は政府のこの決定はやむを得ないのではないかとみています。その理由は、新型コロナウイルスによる感染症は「ごく軽症の患者と極端な重症の患者が混在する疾患」だからです。

 前回のコラム「新型コロナも風邪も軽症なら自宅療養を」で述べたように、高齢者や持病のある人を除けばたいていは通常の風邪と同じように数日間自宅で休んでいれば治ります。

この記事は有料記事です。

残り3903文字(全文4395文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト