医療・健康Tips

若い世代でも安心できない! 若年性白内障

  • 文字
  • 印刷

 白内障は、レンズの役目をしている水晶体が白く濁ってしまい、光の通りが阻害されてものが見えにくくなったり、反射してまぶしく見えたりする病気です。高齢者に多い「加齢性白内障」はよく知られていますが、若い人に発症する「若年性白内障」と呼ばれる白内障があります。この白内障はどのような場合にかかるのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1531文字)