ヘルスデーニュース

禁煙後3年で認知症リスクが非喫煙者並みに低下

  • 文字
  • 印刷

 喫煙者は認知症のリスクが高いものの、禁煙して3年たつと非喫煙者と変わらない程度にリスクが低下する可能性が報告された。東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学の陸兪凱氏、辻一郎氏らが、宮城県大崎市で行われている「大崎コホート2006研究」のデータを解析し明らかになった。詳細は「European Journal of Epidemiology」2月15日オンライン版に掲載された。

 大崎コホート2006研究は、大崎市の地域住民を対象に2006年に開始された前向きコホート研究。ベースライン時に65歳以上だった地域在住高齢者3万1694人にアンケート調査を実施し、有効回答の得られた2万3091人について追跡調査が続けられている。今回の検討では、喫煙状況の情報が記録されていた人から、ベースライン時点で要介護認定を受けていた人などを除く1万2489人のデータを解析した。

 対象者の喫煙状況は、喫煙歴のない人(非喫煙者)が59.6%、現在も喫煙している人(現喫煙者)が13.8%、禁煙した人(過去喫煙者)が26.6%だった。現喫煙者や過去喫煙者は非喫煙者に比べ男性が多く、教育歴が短く、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、および飲酒習慣のある人の割合が高かった。また過去喫煙者は現喫煙者に比較して、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病の割合がさらに高かった。一方、非喫煙者は肥満者が多かった。歩…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1487文字)