いきいき女性の健康ノート

知っておきたい不妊治療の真実

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 日本産科婦人科学会の調査では、2017年に不妊治療の体外受精で誕生した子は5万6617人で、過去最高を記録した。この年に生まれた子どものおよそ16人に1人にあたる。世界初の体外受精児が英国で誕生したのは1978年。日本では、その5年後の83年に東北大で国内1例目の体外受精児が誕生し、いまや体外受精などの生殖補助医療で生まれる子は珍しくなくなった。どのような状態を不妊といい、どのような原因があるのだろうか。『生殖医療の衝撃』(講談社現代新書)などの著書がある埼玉医科大学産婦人科教授の石原理さんが解説する。

 東京都内に住む主婦のミドリさん(仮名)は、36歳のときに結婚した。自然に任せたい気持ちがあってためらっていたが、38歳で不妊治療をスタートし、41歳で女児を出産した。

 「不妊治療を始めたらすぐに妊娠できるのかと思っていたら、なかなか子どもができなくてつらかったです。35歳を過ぎると卵巣機能が低下して妊娠しにくくなるなんて、不妊治療を始めてから知りました。結婚してすぐに始めるべきだったのかもしれません。私は運よく出産まで漕ぎつけましたが、45歳まで不妊治療を頑張ってあきらめた友人もいます」と語る。

この記事は有料記事です。

残り3389文字(全文3895文字)

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。