実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 克服のカギは「絆と譲り合い」

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
大勢の人たちでにぎわう原宿の竹下通り=東京都渋谷区で2020年3月27日午後4時3分、宮間俊樹撮影
大勢の人たちでにぎわう原宿の竹下通り=東京都渋谷区で2020年3月27日午後4時3分、宮間俊樹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大はとどまる気配を見せません。つい最近まで「完全な形で実施」と言われていた東京オリンピックの延期が3月24日に発表され、翌25日には東京都の小池百合子知事が、都民に週末の外出自粛を要請しました。世界に目を向けると、米国や欧州諸国で相次いで事実上の外出禁止令が出ています。つい最近まで観光客でにぎわっていた仏パリのシャンゼリゼ通りも、英ロンドンのリージェント・ストリートも、米ニューヨーク・マンハッタンの街並みも閑散としていると聞きます。

 また、これまで新型コロナは「危険なのは高齢者や持病のある人であり若く健康な人は恐れる必要がない」という意見がありましたが、3月20日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は「若者は無敵ではない=You(Young people)are not invincible」と述べ、入院を必要とする患者の中に、50歳以下の人が無視できない割合で存在することを指摘しました。各地で新学期から学校が再開される見通しになり、日本は他国とは異なり緊張が和らいだのではないかという声もありましたが、25日の小池知事の記者会見が、ゆるみかけた雰囲気に冷や水を浴びせました。ただ私は、それでも日本はこの状況を乗り切れると考えています。今回はその理由を説明します。

専門家でも意見は分かれるが

 過去のコラム「新型コロナ 休校しても減らしたい『元気な感染者』」で、「政府が全国一斉の休校を要請したことはやむを得ない」ということを述べたとき、医療者からも一般の方からも「一斉休校はやりすぎではないか。マスコミに出ている〇〇医師は必要ないと言っていた」という…

この記事は有料記事です。

残り3502文字(全文4200文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト