医療プレミア特集

新型コロナ 情報と経験 各国で共有を

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
安倍首相が新型コロナ感染拡大防止のため、布マスクを全世帯、1住所に2枚ずつ配布と発表したニュースを伝える街頭ビジョン=東京都港区のJR新橋駅前で2020年4月2日、竹内紀臣撮影
安倍首相が新型コロナ感染拡大防止のため、布マスクを全世帯、1住所に2枚ずつ配布と発表したニュースを伝える街頭ビジョン=東京都港区のJR新橋駅前で2020年4月2日、竹内紀臣撮影

 新型コロナウイルス感染症の対策は長期戦になっている。東京オリンピックを1年延期したものの、終息させられるのだろうか。国際機関「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」戦略投資効果局長の國井修さん(スイス・ジュネーブ在住)に話を聞いた。【聞き手 くらし医療部・熊谷豪】

Q:欧州は深刻な状況ですね。

A:スイス全土に3月16日に非常事態宣言が発令され、私も在宅勤務を続けています。欧州は日常的にハグやキスをするなど関係が濃密です。日本人ほど衛生意識は強くなく、手洗いをあまりしない人もいます。感染拡大の要因の一つと考えられます。感染が広がっても、濃厚な接触を断ち切る行動の変容ができず、感染拡大防止のため政府の対策はどんどん強硬になっていきました。欧州の中では規律を重んじるとされるドイツですら、若者…

この記事は有料記事です。

残り2693文字(全文3050文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。