実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 「全員入院」が招く検査拒否と医療崩壊

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
新型コロナウイルスについての電話相談に対応する職員たち=三重県庁で2020年1月31日、森田采花撮影
新型コロナウイルスについての電話相談に対応する職員たち=三重県庁で2020年1月31日、森田采花撮影

 過去のコラム「新型コロナ 克服のカギは『絆と譲り合い』」で述べたように、3月の半ばごろから、新型コロナウイルスの感染を調べる検査の敷居が下がっています。つまり、以前なら検査を受けるには「海外からの帰国」「感染者との接触」といった条件が必要だったのが、現在は医師が必要性を訴えれば検査を実施してもらえるようになってきたのです。これはもちろん喜ばしいことではありますが、新たな問題が生じています。「検査を受けたくない」という人が出てきたのです。現在、世界的な対策としては「可能性があればすぐに検査を受けよう」であり、過去のコラム「新型コロナ 世界の流れに遅れた『検査制限』」で述べたように、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は「(今すべきなのはとにかく)検査!検査!検査!」と世界に訴えました。ところが、その方針に反するかのように日本では患者からの検査拒否が相次いでいます。ですが、今の日本の制度では、検査拒否には合理的な側面もあります。今回はその理由を述べます。その前に、実際に太融寺町谷口医院(以下「谷口医院」)で経験した検査拒否の事例を紹介したいと思います(ただし本人が特定できないようにアレンジを加えています)。

 先日、40代女性から谷口医院に電話で、次のような相談がありました。

 1週間前から感冒症状があり、2日前から味覚障害が出現し熱が上がってきた。症状出現の3日前に出張先で一緒に食事をした男性から「新型コロナウイルスの確定診断がついたために入院することになった」という連絡が届いた。実は食事をしているときその男性がせきをしていることが気になっていた。私も感染したのではないか。

 この電話は診察が始まる前にかかってきたために、私が直接話を聞きました。臨床症状からも、感染確定者と接触したというエピソードからも、新型コロナ陽性の可能性があるのは間違いありません。いったん電話を切って、帰国者・接触者相談センターに電話して状況を説明すると「検査可能」との回答でした。そこで改めてこの女性に電話をしました。ところがです。

 女性「匿名でこっそり検査を受けることはできないんですか。入院はでき…

この記事は有料記事です。

残り2730文字(全文3630文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト