認知症と似たような症状が出ることがあるけれど、実は全く異なる病気に「てんかん」があります。脳に突然に電気的な乱れが生じる「てんかん発作」を繰り返す病気です。てんかんというと「不意にけいれんを起こす病気」だというイメージがあるかもしれませんが、実は、けいれんを起こさないてんかんも多くあります。てんかんの症状は人によってさまざまで、中には「最近の出来事を忘れる」「ぼーっとして呼びかけに反応しない」といった、認知症と似たような症状の場合もあり、高齢の場合は認知症と間違われることがあるのです。認知症の治療薬(抗認知症薬)はてんかんを起こしやすくするので、てんかんの人が認知症と誤診されて抗認知症薬を使うと、何の効果もないだけでなく、かえっててんかんの症状が悪化します。一方、てんかんと正しく診断されて治療を受ければ症状は改善します。ゆえに両者を区別することは重要です。

この記事は有料記事です。

残り2814文字(全文3198文字)

小田陽彦

ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長

おだ・はるひこ 1977年、兵庫県西宮市出身。兵庫県立ひょうごこころの医療センター精神科医師。神戸大学医学部卒。医学博士。神戸大学医学部精神科助教、兵庫県立姫路循環器病センター等を経て2017年4月より現職。日本精神神経学会専門医・指導医。日本老年精神医学会専門医・指導医・評議員。著書に「科学的認知症診療」(シーニュ社、2018)