ヘルスデーニュース

新型コロナ 無症状者も含めた致死率は0.66%?

  • 文字
  • 印刷
横浜港の大黒ふ頭(横浜市鶴見区)を離岸したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=2020年3月25日午後2時14分、本社ヘリから尾籠章裕撮影
横浜港の大黒ふ頭(横浜市鶴見区)を離岸したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=2020年3月25日午後2時14分、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による重症化リスクや死亡リスクは、高齢になるほど高まるとする研究結果を、英インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)のNeil Ferguson氏らが「The Lancet Infectious Diseases」3月30日オンライン版に発表した。中国本土における4万4,000人以上の感染例のデータに基づくこの解析から、COVID-19症例の入院率は20歳代では約1%だが、50歳代では8.2%となり、80歳以上では18.4%に達することが示された。また、同症例の致死率は、20歳代の0.03%に対して80歳以上では7.8%と推定されたという。

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1447文字)