医療・健康Tips

軽いしびれでもSOSのサイン!! 座骨神経痛

  • 文字
  • 印刷

 腰や足に痛み・しびれが生じる「座骨神経痛」は、高齢者に限らず、さまざまな年代の人にみられます。治療が遅れると、痛みが強くなって日常生活に支障が出たり、原因となっている重大な病気を見逃してしまったりする可能性も。気になる症状がある場合は早めに受診しましょう。

腰から下の痛み・しびれは要注意

 腰から足にかけて伸びている「座骨神経」が障害を受けると、腰やおしり、太もも、ふくらはぎ、足の先などに、痛みやしびれなどが生じます。「座骨神経痛」とは、こうして生じる痛みやしびれが続く状態のことをさします。座骨神経が圧迫される原因はさまざまで、原因となる病気が特定できるケースと、原因が特定しにくいケースがあります。

この記事は有料記事です。

残り3186文字(全文3491文字)