長引く休校で我が子がスマートフォンやゲーム機に長時間接していることを心配する保護者は少なくない。ネット依存が心配されがちな発達障害や、その疑いのある子どもへの対応について鳥取大学大学院教授の井上雅彦さんが解説する連載。前回は、今の子どもとネットとの関係が親世代と全く異なること、発達障害そのものが依存の原因ではないことを紹介した。今回は具体的な取り組みの第一歩を指南する。

 前回は、いわゆる「ネット依存」とは何か、そして子どもがインターネットやゲームに依存せざるを得ない背景を理解することの重要性を述べました。今回は背景を理解することと、コミュニケーション改善の支援について考えてみたいと思います。

 中学2年生で自閉スペクトラム症との診断を受けたタケシさん。ネットゲームを深夜までするようになって、朝起きることが難しくなり、学校への行き渋りや欠席も増え、親にも反抗的になってきた、と母親が一人で相談に訪れました。

この記事は有料記事です。

残り2615文字(全文3022文字)

井上雅彦

鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学講座教授

鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学講座教授。専門は応用行動分析学、臨床心理学。同研究科付属臨床心理相談センターで発達障害を中心に当事者や家族の相談を受けている。公認心理師、臨床心理士、専門行動療法士などの資格を持ち、ペアレント・トレーニング・システムなどの支援プログラムを開発。主な著作に「発達が気になる幼児の親面接:支援者のためのガイドブック」(共著、金子書房)、「発達障害&グレーゾーンの小学生の育て方」(監修、LITALICO発達ナビ編集部協力、すばる舎)など。