実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 「無症状の人にも検査を」

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
緊急事態宣言が出されて初めての日の朝、電車で通勤する多くの人たち=東京都中野区で2020年4月8日午前8時3分、大西岳彦撮影
緊急事態宣言が出されて初めての日の朝、電車で通勤する多くの人たち=東京都中野区で2020年4月8日午前8時3分、大西岳彦撮影

 新型コロナウイルスの検査数を増やすべきか否か。過去に述べたように、私個人の意見は「グローバルな視点から他国のように増やすべきだ」です。日本のことだけを考えるなら今のままでもいいかもしれませんが、医師が必要と認める事例、あるいは患者さんが希望する事例に対しては検査を広げるべきだというのが私の考えです。感染が広がりだした当初は「日本のように検査を厳しく制限する方式に欠点があっても、すべての医療者は、行政や学会が決めたことに従って一致団結すべきだ」と考えていたのですが、最近は、「日本式」の検査はもはや通用しないと考えるようになりました。外国人の患者にうまく説明ができませんし、軽症や無症状の人に「外出しないで」と言っても検査なしでは制限の強さに限界があるからです。

 つい先日も私自身が直接保健所に交渉したものの断られ、そこで大きな病院への入院を依頼し、入院後にようやく検査をしてもらえることになり、その結果陽性であることが分かった患者さんがいました。その患者さんは私が直接保健所に依頼する前に自身で2度相談センターに相談して2度とも断られていました。なお、この患者さんは太融寺町谷口医院を受診するまでに10軒以上の診療所から診察を拒否されていました。

 過去に述べたように、3月の中旬以降は相談センターに交渉すれば検査をしてもらえる傾向にはあります。ですが、我々依頼する側も、検査のキャパシティーが小さく検査を担う職員が必死で働いているのを知っていますから「そんなに重症ですか? 優先順位の高い患者さんですか?」とセンターの担当者から尋ねられると、なかなか強くは交渉できないのが現実です。結局、大半の感染しているかもしれない患者さんには、自宅療養で様子…

この記事は有料記事です。

残り3436文字(全文4162文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト