実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

鼻にいるコロナは喉の1万倍 対策は「うがい」

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 前回のコラムで、マスクでは新型コロナウイルスに「感染しない効果」はあまりないことを説明しました。また、マスクを使用することでかえって感染しやすくなる可能性についても紹介しました。そして最後に「最強の新型コロナ予防法は鼻にウイルスを入れないこと」という私見を述べました。

 鼻にウイルスを入れなければ感染する可能性が激減するなんて、そんなこと当たり前じゃないか、と思われる人もいるでしょう。では、あなたは1日に何回くらい自分の鼻を触っているかを考えたことがあるでしょうか。

 これを調べた研究があります。26人の医学生のふるまいをビデオで撮影し、1時間に何回顔を触るかを調べました。論文によれば、1時間で顔面に手指が触れた回数は平均でなんと23回。そのうちの約3回は鼻の粘膜に触れていたというのです。医学部の学生にもなって、鼻をほじるような人はいないでしょうから無意識的に手指が鼻の粘膜に触れてしまっているわけです。もしも手指に新型コロナウイルスが付着していたとすれば感染が起こり得ます。いくら手洗いをしっかりしていても、手洗いの後に机やキーボードに触れればすぐにウイルスに汚染される可能性があるからです。

 次にもうひとつ興味深い研究を紹介しましょう。医学誌「Nature Medicine」2020年4月3日号に「呼気に含まれるウイルスとマスクの有効性(Respiratory virus shedding in exhaled breath and efficacy of face masks)」という論文が掲載されました。この論文の主題は「医療用マスクを装着することにより、呼気のウイルス量が減少す…

この記事は有料記事です。

残り2841文字(全文3542文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト