医療・健康Tips

骨がむくんだり腫れたりする骨髄の炎症とは

  • 文字
  • 印刷

 一般的に「むくみ」「浮腫」というと、水分がうまく排出されず、本来よりも膨張したり、ひどいときにはパンパンに腫れ上がったりするイメージがあります。もっぱら皮下の軟らかい組織に起きると思いがちですが、実は骨にも「骨髄浮腫(こつずいふしゅ)」という状態があります。硬い骨は、腫れたり、むくんだりすることもあるのでしょうか。

X線では見つけにくいがMRIではっきり

 骨は、外部からの強い負荷にも耐える硬い組織部分が多くを占めますが、実は骨の内部にある「骨髄」という組織部分は、軟らかいゼリー状で赤血球や白血球をつくる造血機能をもっています。

 骨髄浮腫は、骨の内部の骨髄部分に炎症が起きて、腫れている状態をさします。負担が大きい足の骨や関節部に起こりやすく、X線では見つけにくいのが特徴です。しかしMRI(磁気共鳴画像化装置) でははっきりと映し出されます。

 慢性の腰痛を抱えた患者で、X線検査では異常がなかったものが、MRI画像で骨髄浮腫を認め、原因特定に至ったという症例も少なくありません。

変形性関節症や関節リウマチの進行の目安

 骨髄浮腫はスポーツなど骨に負担がかかる状態が続くことや、疲労骨折、外反母趾や変形性関節症、関節リウマチ、腰椎すべり症などの骨や関節の病気が原因になります。また、打撲や靱帯(じんたい)損傷などの外傷に伴う場合は「骨挫傷」と呼ばれることがあります。

 近年、中高年以上に増えている変形性関…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文1223文字)