医療・健康Tips

味覚も老化する!?

  • 文字
  • 印刷

 年齢を重ねると、さまざまな機能が低下してきますが、味覚も例外ではありません。味覚が衰えると、どんな不都合が生じるのでしょうか? 

感覚器官は生まれた直後が最多

 味覚は舌や口腔・咽頭の表面にある味蕾(みらい)という感覚器官で感知しています。味蕾は生まれた直後が最も多く1万個以上あると考えられ、成人するころには約7000~8000個に減少します。その後、加齢とともに減り続け、80歳になると約4000個にまで減ってしまいます。

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1662文字)