百年人生を生きる

巣ごもりの向こうに お寺でのテレワーク

星野哲・ライター/立教大学社会デザイン研究所研究員
  • 文字
  • 印刷
西源寺の本堂入り口にはコワーキングスペースの案内ののぼり=山梨市で、筆者撮影
西源寺の本堂入り口にはコワーキングスペースの案内ののぼり=山梨市で、筆者撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、広がりをみせている「テレワーク」。出社せずパソコンやスマートフォンを使うなどして仕事をする働き方で、自宅やレンタルオフィスのほか、異なる職種の人たちが仕事場を共有する「コワーキングスペース」を活用するケースも増えてきた。意外かもしれないが、お寺をコワーキングスペースとして活用する動きがある。単なるテレワークというだけでなく、境内や本堂は子どもを遊ばせるスペースにもなり、他者と仕事をしながら親子でも一緒に過ごせることが特徴だ。コロナ禍が過ぎ去れば、新たな働く場として注目されるのではないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り2155文字(全文2425文字)

星野哲

ライター/立教大学社会デザイン研究所研究員

ほしの・さとし 1962年生まれ。元朝日新聞記者。30年ほど前、墓や葬儀の変化に関心を持って以降、終活関連全般、特にライフエンディングについて取材、研究を続けている。2016年に独立。立教大学大学院、東京墨田看護専門学校で教えるほか、各地で講演活動も続ける。「つながり」について考えるウエブサイト「集活ラボ」の企画・運営も手がける。著書に「遺贈寄付 最期のお金の活かし方」(2018年、幻冬舎)「『定年後』はお寺が居場所」(同、集英社新書)「終活難民-あなたは誰に送ってもらえますか」(2014年、平凡社新書)ほか。