前回までは、「治るかもしれない認知症」を中心に述べてきました。今回からは「真の」認知症性疾患について述べていきます。なお、真の認知症を「治す」のは難しいのですが、後で紹介する事例を読んでいただくと分かるように、改善の道を探ることはできます。

 認知症の診断は下の図のように、治るかもしれない認知症を最初に探します。

 そして次に、さらに下の図のように、いろいろな認知症性疾患を区別(鑑別)していくことになります。つまり、診断は2段階で行われるのが通常です。

この記事は有料記事です。

残り3999文字(全文4226文字)

小田陽彦

ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長

おだ・はるひこ 1977年、兵庫県西宮市出身。兵庫県立ひょうごこころの医療センター精神科医師。神戸大学医学部卒。医学博士。神戸大学医学部精神科助教、兵庫県立姫路循環器病センター等を経て2017年4月より現職。日本精神神経学会専門医・指導医。日本老年精神医学会専門医・指導医・評議員。著書に「科学的認知症診療」(シーニュ社、2018)