実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 感染は「発症前から5日後まで」

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
今季初めてファンを入れて開催された試合。外野席以外を使用した=台湾北部・新北市の新荘球場で2020年5月8日午後8時38分、福岡静哉撮影
今季初めてファンを入れて開催された試合。外野席以外を使用した=台湾北部・新北市の新荘球場で2020年5月8日午後8時38分、福岡静哉撮影

 風邪の症状が出て4日以上たてば保健所に相談。新型コロナウイルスのPCR検査を受けて、陽性となれば感染症の診療を担当する中核病院に入院(もしくはホテルなどに滞在)。その病院(やホテル)のスタッフは2次感染防止に厳重な注意を払う。患者は、入院すれば症状がなくなっても、2週間が経過しPCR検査の結果が陰性にならなければ退院できない、感染者と接した人は、2週間は自己隔離が必要……。最近になって「4日」というルールは撤廃されましたが、新型コロナに対する日本の対策は、だいたいこのような感じだと思います。

 ところが、次々と分かってきた新しい事実に鑑みると、この日本の対策では「不十分」であり、またその一方で「過剰」であると言えそうです。今回は、最近発表された台湾の研究(論文は「米国医師会雑誌」<JAMA>の2020年5月1日号に掲載)を紹介しながら2次感染を防ぐ上での今後の適切な対策を考えていきましょう。

新型コロナ対策に成功している台湾

 過去の連載「新型コロナ 韓国は『私生活保護より感染抑制』」で(私見ではありますが)新型コロナ対策に成功している国・地域として、韓国(制限をゆるめて再び感染者が増えかけていますが……)、台湾、香港、シンガポール(感染者が再び増加しています)、イスラエルを挙げました。別の回ではアイスランドとドイツのすぐれた検査体制を紹介しました。他にもニュージーランド、スウェーデン(外出制限をほとんどしていない)、キューバなども成功している国と言われることがあります。医療者によっても意見が異なりますが、おそらく「世界で最も成功している国(地域)は?」と問われれば「台湾」と答える者が最多だと思います。

 日本の厚生労働省が13日に発表したデータでは、台湾の感染者数は440人、死者は7人にとどまっています。なお台湾の人口は約2360万人で、日本の2割弱です。

 台湾の研究で分かってきた新しい事実を述べる前に、台湾がこれほど成功した理由を(一部私見を交えて)まとめておきます。

 ・今年1月15日(おそらく世界で最初)に「重要な感染症」と認識し、世界保健機関(WHO)の見解に従わなかった。WHOは1月30日の時点でもまだ「中国への渡航を禁止すべきでない」としていたのに対し、台湾は1月22日に、1月末に武漢から来台するツアー客459人の入国許可を取り消した。

 ・海外からの帰国者に自宅隔離(home quarantine)を徹底した。

 ・感染者と接触した人の追跡を徹底的に行った。

 ・マスクの購入先を公開すると同時に、購入時には記名を必要とするなど、行政がマスクの管理を徹底して成功した。

 ・フェイクニュースを流した者には最高300万台湾ドルの罰金または3年の懲役刑を科す制度にした。

 ・ソーシャルディスタンシング(社会的距離の確保)は行政が指示したわけではないが、住民が自発的に適切な行動をとった(上述の論文より)。

 ・台湾はSARS(重症急性呼吸器症候群)を経験していたので、その経験を生かすことができた。

 ・蔡英文氏の強力なリーダーシップ、医師・歯科医師・公衆衛生学者などが閣僚に多いこと、デジタル担当大臣唐鳳氏のITを最大限駆使したマスクコントロールなど、行政の力が大きかった。

 最後の理由は私見です。日本の行政の悪口を言いたいわけではありませんが、どうしても日本との差を考えずにはいられません……。

約2900人を追跡し「2次感染の起き方」を調査

 では、台湾の研究で分かった「2次感染に関する事実」についてまとめていきましょう(なお、「2次感染者」に対して、最初の感染者をここでは「1次感染者」と表現します)。

 研究では、100人の1次感染者と、1次感染者と接触した2761人が調べられています。100人の1次感染者に診断がついたのは1月15日から3月18日までで、1次感染者と接触した人の調査は接触後14日まで。調査の最終日は4月2日でした。1次感染者100人のうち9人(9%)は無症状者です。

 調査の結果、接触者2761人中、22人が2次感染を起こしました。

 この調査で分かった重要なポイントは三つあります。

 一…

この記事は有料記事です。

残り3362文字(全文5083文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト