実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 抗ウイルス薬「使うなら早期」?

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷

 新型コロナウイルスに対する治療薬として、さまざまなものが候補に挙がっており、一部はすでに使われていますが、実は現時点で確実に効果があるものは存在しません。最近ある患者さんから「アビガンとレムデシビルを併用すれば大丈夫ですよね」と言われましたが、これは都合のいい情報が独り歩きした結果生まれた「誤解」です。アビガンもレムデシビルも有効性には疑問があります。一方、これら以外で有力な候補薬が浮上しています。過去のコラム「新型コロナ 『効く薬』の候補は?」を公開してから1カ月が経過し、状況が変わってきています。今回は現時点での新型コロナの候補薬の最新情報をお伝えします。

 具体的な薬を紹介する前に、最近明らかになってきた新型コロナの特徴を復習しておきましょう。最大のポイントは「重症化する頃には生きたウイルスは(ほぼ)いない」ということです。前回のコラム「新型コロナ 感染は『発症前から5日後まで』」で紹介したドイツの研究によれば、発症して1週間が経過すると、患者の体から生きたウイルスは検出されません。また、そのコラムで紹介した台湾の研究によれば、1次感染者が発症して6日たてば2次感染は(ほぼ)起こりません。これも、発症後6日の時点で体内に生きたウイルスが(ほぼ)いないと考えれば説明がつきます。

 しかし、ウイルスがいなくなるのにもかかわらず重症化するのは発症後1週間が経過した頃です。この一見不可思議な現象が起こる理由は、重症化が、ウイルスそのものの作用ではなく、ウイルスに誘発された「血栓」と「サイトカイン・ストーム」(免疫の暴走)で起きるためだと考えられます。(参考:「新型コロナ 肺以外でも病気が起きる仕組み」)。この点は、薬を選択する上で非常に重要なポイントとなります。

この記事は有料記事です。

残り3470文字(全文4211文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト