ヘルスデーニュース

肌が触れ合うと気持ちがつながる

  • 文字
  • 印刷

 誰かとぴったりと寄り添うと、心が一つに溶け合うかもしれない。密接に体が触れ合っている人たちの脳を革新的なMRI技術を用いて評価したところ、脳の変化が同期していたことが分かったという。この研究論文の責任著者であるトゥルク大学(フィンランド)のLauri Nummenmaa氏は、「大まかに説明すると、人と人との触れ合いの基本的なかたちである寄り添うという行為の中で、それぞれの脳も相手に“適合”することが明らかになった」と話し、「この手の研究は、自閉症スペクトラム障害(ASD)など、社会的な交流が困難になる疾患に対する対処法を考える上で有用だ」との見方を示している。研究結果の詳細は「Frontiers in Psychiatry」4月28日オンライン版に掲載された。

 この研究では、恋人同士を含む10組の被験者に、毛布の下で体を寄せ合い、30秒間の静止時間を挟んで交互に相手の下唇を30秒間指で軽く叩く行為を繰り返してもらった。その間、2人の脳の変化を機能的MRI(fMRI)で観察した。このMRIは、通常の脳スキャンで用いられる16チャンネルのヘッドコイルを2つに分割して、MRI装置内で密着した姿勢をとる2人の脳を同時にスキャンできるようにしたもの。Nummenmaa氏は「この研究の主な目的は、新たな2人用の脳イメージング装置の機能を評価することだった」と述べている。

 MRI画像を解析した結果、相手の下唇を指で軽く叩く側と、相手の指の動きを見て触れられるのを感じている側の双方で、脳の感覚野および運動野のネットワークが賦活することが確認された。Nummenmaa氏は、「この装置によって、2人の被験者の脳のシグナルを正確に検出することができた。また、相手に触れているか、触れられているかで、運動野および体性感覚野に明確に異なる活性化パターンが生じることが確認できた。…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1576文字)