医療・健康Tips

目に水疱ができる「フリクテン性結膜炎/角膜炎」

  • 文字
  • 印刷

 水疱(フリクテン)が、結膜、角膜にできることがあります。これを「フリクテン性結膜炎/角膜炎」といいます。結膜にできたものは2週間ほどで治りますが、角膜にできた場合は重症化することもあるので、きちんと治療をしましょう。

 結膜とは、白目とまぶたの裏側を覆う粘膜のこと。この部分に白っぽい小さな水疱ができる病気をフリクテン性結膜炎といいます。また、黒目を覆う角膜にできた場合、フリクテン性角膜炎といいます。

どちらも水疱のほかに、異物感、充血、痛みなどの目の症状がみられます。一般的にフリクテン性角膜炎のほうが症状は強く、まぶしさ(羞明)、強い痛み、かすみ目などを伴うこともあります。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文937文字)