実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 手洗いの盲点 洗った後に触る場所

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルス感染症がはやりだしてから、太融寺町谷口医院(以下「谷口医院」)の患者さんの訴えで増えたものの一つが「手が荒れた」です。言うまでもなく原因は手洗いのし過ぎです。それもアルコールやせっけんを過剰なほどに使った結果です。ひどい人になると皮がめくれて出血していることもあります。これでは手洗いの意味がありません。皮膚のバリアー機能(異物の侵入を防ぐ機能)が損なわれて、かえって病原体が皮膚で増殖しやすくなるからです。

 手が荒れるほどアルコールを使い過ぎたり、何度も洗い過ぎたりするのは明らかに間違った手洗いですが、実は、新型コロナをターゲットに考えたときの手洗いは誤解が少なくありません。今回はそれらを整理し、新型コロナ予防の適切な手洗い方法を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り3417文字(全文3751文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト