ヘルスデーニュース

母乳を与える母親は糖尿病になりにくい?

  • 文字
  • 印刷

 母乳には、赤ちゃんの成長にさまざまなメリットのあることが知られている。しかし、母乳育児は赤ちゃんだけでなく、母親にも好影響をもたらす可能性のあることが報告された。母乳育児を行った女性は出産後の糖尿病発症率が低く、その影響は3年後にも認められたという。詳細は「Science Translational Medicine」4月29日オンライン版に掲載された。

 妊娠は、体重増加に加えて、インスリン(膵臓のβ細胞から分泌される血糖値を下げるホルモン)の作用が低下する「インスリン抵抗性」を引き起こすため、耐糖能が悪化する(血糖値が上がりやすくなる)可能性がある。特に、妊娠糖尿病の既往、高齢、肥満などは、出産後の糖尿病発症リスクの上昇に関与する。

 韓国科学技術院(KAIST)のHail Kim氏らは、出産後の女性174人(子供に母乳を与える女性85人と、そうでない女性99人)を対象とし、出産後2カ月時点および、その後、少なくとも3年間にわたり毎年経過を追跡し、糖尿病発症リスクを比較検討した。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1183文字)