環境と健康の深い関係

胎児期の環境で決まる生涯の「体質」

遠山千春・東京大学名誉教授(環境保健医学)
  • 文字
  • 印刷
 
 

 私たちが病気になる原因は、遺伝と環境に大別できます。そして多くの病気は、この両方が同時に関わっています。例えばⅡ型糖尿病は、複数の遺伝子が関係し、生活習慣も影響して生じる病気です。他方、一部の遺伝病は環境の影響は受けず、両親から受け継いだ遺伝子によって定められる「生まれつきの体質」で発症します。また、公害病のような有害化学物質による病気、あるいは事故での外傷などは環境要因だけで生じます。でもたいていの病気は、「生まれつきの体質」に環境要因が加わって起きるのです。

 さて「生まれつきの体質」は、生まれる直前、つまり子宮内にいる間に変わる場合があることが分かってきました。妊娠中の環境が胎児自身の遺伝子に作用し、生まれた後に遺伝子の働き方を変化させ、出生後の健康と病気に大きく影響を及ぼすというのです。この学説は「健康と病気の発達期における起源」(ドーハッド:Developmental Origins of Health and Disease)と名付けられていま…

この記事は有料記事です。

残り3555文字(全文3989文字)

遠山千春

東京大学名誉教授(環境保健医学)

とおやま・ちはる 1950年、東京都出身。東京大学医学部保健学科卒、ロチェスター大学大学院修了。筑波大学、北京大学、中国医科大学の客員教授。医学博士、Ph.D。国立公害研究所(現・国立環境研究所)領域長、東京大学医学系研究科疾患生命工学センター教授を経て、2015年4月より「健康環境科学技術 国際コンサルティング(HESTIC)」主幹。世界保健機関、内閣府食品安全委員会、環境省などの専門委員、日本衛生学会理事長、日本毒性学会理事、日本医学会連合理事などを歴任。