ヘルスデーニュース

飽和脂肪酸が多い食事後は注意力が落ちる?

  • 文字
  • 印刷

 チーズバーガーとフライドポテトを注文するのは、頭によくない行動かもしれない。米オハイオ州立大学の研究グループが行った小規模な研究によると、飽和脂肪酸が多く含まれる食事を1回食べるだけで、注意力が低下する可能性が示された。詳細は「American Journal of Clinical Nutrition」5月12日オンライン版に掲載された。

 飽和脂肪酸は、赤身肉や乳製品、ココナツオイルやパーム油などに含まれている。米国心臓協会(AHA)によると、飽和脂肪酸を取り過ぎるとコレステロール値が上昇して、動脈が詰まりやすくなる。しかし、影響はそれだけではないようだ。

 論文の筆頭著者で同大学のAnnelise Madison氏は、「食事はパフォーマンスに影響を与える。ランチの後に集中力が続かないという話もよく聞かれる」と話す。同氏らは今回、1回の食事が注意力に与える短期的な影響を明らかにするため、51人(平均年齢53±8歳、乳がんサバイバー32人を含む)の女性を対象とする二重盲検ランダム化クロスオーバー試験を実施した。

「飽和」が多い食事と「不飽和」が多い食事を比較

 対象者全体を2グループに分け、飽和脂肪酸が多く含まれる食事、またはひまわり油を使った不飽和脂肪酸が多く含まれる食事のいずれかを摂取してもらい、食事の5時間後にコンピュータを使った検査で注意力を測定した。いずれの食事も、エネルギー量は930kcal、脂質は60gで統一した。また食前12時間は絶食してもらった。

 なお、飽和脂肪酸は主に動物性の脂肪に多く含まれ、不飽和脂肪酸は植物や魚の脂肪に多く含まれる。

 初回の検査から1~4週間後に、今度は初回に食べた食事とは異なる方の食事を摂取してもらい、同様の検査を実施した。初回と2回目の検査の結果を統合…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1621文字)