ヘルスデーニュース

夫の喫煙で妻の糖尿病リスク4割増

  • 文字
  • 印刷

 喫煙が糖尿病発症リスクを上昇させることは知られている。しかし本人がタバコを吸わなくても身近に喫煙者がいると、受動喫煙のため糖尿病発症リスクが高くなることが分かった。国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究グループの研究によるもので、詳細は「Journal of Diabetes Investigation」3月30日オンライン版に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1437文字)