実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 感染は「サージカルマスク」で防げる

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 もはや「新型コロナウイルス感染はただの風邪」と言う人はほとんどいませんが、3月中旬ごろまでは、医療者の中にもこういう考えがあって、登校制限のみならず、緊急事態宣言を疑問視する声さえありました。その後、海外では日ごろは健康な比較的若い人たちが相次いで死亡し、日本でも有名人が亡くなり、ついに20代で他界した人も報告されて、もはや「ただの風邪」と言う人はいなくなりました。新型コロナは肺だけでなく全身の臓器が侵され、短期間で若い人の命を奪うこともある重大な感染症であることが周知されたと言っていいと思います。

 ですが、ただ恐れるだけでは我々は前進できません。人類が新型コロナにひれ伏すわけにはいかず克服しなければなりません。そのために最も強力な武器は有効で安全な治療薬とワクチンですが、これらが登場するまでにはまだしばらく待たねばなりません。そこで、世界の多くの地域で取られた対策が、緊急事態宣言、外出禁止令、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保などですが、これらをいつまでも続けるわけにはいきません。

サージカルマスクは「最強の武器」

 ではどうすればいいのか。最強の答えは身近なところにあります。「マスク」です。今さらマスクかよ、という声が聞こえてきそうですし、マスクについてはここ2~3カ月でさんざん聞かされた、という人も多いでしょう。しかし、最近の研究で分かってきたことを鑑みると、新型コロナ対策においてマスクが現時点での最強の武器のひとつであることは間違いありません。この点は他の呼吸器…

この記事は有料記事です。

残り2825文字(全文3473文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト