実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 快適な布マスク 効果を増す工夫は

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷

 前回は「サージカルマスクを着用すれば、マスクを通して吐いた息に含まれるコロナウイルスはゼロになる」という画期的な研究結果について紹介しました。私はこの論文を読んだときに、まずとても驚き、そして安堵(あんど)し、次に太融寺町谷口医院(以下「谷口医院」)のスタッフに安心してもらいました。

 この連載でも繰り返し述べているように、谷口医院は日ごろから風邪症状の患者さんがたくさん受診しますし、新型コロナウイルスが流行しだしてからは10軒以上のクリニックから受診拒否されたという人もしばしば来られます。残念ながら例外はありますが、自身で「コロナかも?」と疑って受診する人のほとんどはマスクを着けてくれています。

 街にはサージカルマスクでなく布マスクを着けている人もいますが、自分自身で感染を疑う人たちは「他人に感染させてはならない」という思いが強いからなのか、たいていはサージカルマスクを装着しています。ただ、残念ながら発熱と感冒症状で受診される人のなかに、布マスクどころかマスクなしでやってくる人もいまだにいます。そのような人たちが来ることを想定して谷口医院では受付にビニールシートを天井からつるし、マスクを…

この記事は有料記事です。

残り3235文字(全文3737文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト