ヘルスデーニュース

米国の幼児 3割以上がスマホなど使用

  • 文字
  • 印刷

 未就学児は、親が思っている以上に長い時間、スマートフォン(スマホ)やタブレットを使っており、なかにはティーンや大人向けのアプリを使用している者もいることが、米ミシガン大学C.S. Mott小児病院のJenny Radesky氏らの研究で明らかになった。研究結果の詳細は「Pediatrics」6月1日号に掲載された。

 この研究で対象とされたのは、3~5歳の小児およびその保護者346組である。346人の小児のうち、タブレット使用者は178人(アンドロイド:35人、iOS:143人)、スマホ使用者は168人(アンドロイド:91人、iOS:77人)で、自分のスマホやタブレットを持っている小児の割合は35%(121人)だった。Radesky氏らは、小児のモバイル端末の使用状況を9カ月以上追跡し、その結果を親が推定した使用時間と比較した。

 その結果、自分のモバイル端末を持っている小児のスクリーンタイム(使用時間)は1日平均115.3分であり、アンドロイドユーザーとiOSユーザーの間に大きな差はなかった(アンドロイド:117.7分、iOS:114.2分)。半数以上(59.5%)の小児が1日1時間以上、モバイル端末を使用し、そのうちの14.9%(18人)は1日4時間以上もの時間を費やしていた。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1401文字)