医療・健康Tips

10代女子に多い「膝蓋骨脱臼」とは?

  • 文字
  • 印刷

 ひざのお皿がずれてしまうのが「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」です。ダンスやスポーツなどで、とくに若年世代の女性に多いことが知られていて、繰り返すこともあるので注意が必要です。どのような状態なのでしょう。

 ジャンプの着地などの衝撃で、太ももの筋肉が強く収縮し、ひざの関節に負荷がかかった場合などに、ひざのお皿の骨がずれて脱臼することがあります。10代の女性に生じることが多く、ほとんどは外側にはずれる「外側脱臼」です。

 膝蓋骨が脱臼すると、はずれた瞬間にひざに激しい痛みが走り、腫れを伴います。受傷したときの状況と症状で、ほとんど診断はつきます。脱臼した際に骨折や靭帯(じんたい)の断裂がないか、また生まれつき脱臼しやすい骨格等がないかを、X線検査やCT検査で画像確認します。

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1497文字)