医療・健康Tips

体の中からも外からも紫外線を防ぐ

  • 文字
  • 印刷

 日差しが強くなる季節。紫外線は、皮膚、目、髪など全身にダメージを与えます。紫外線対策として、最近は体の内側からのケアも注目されています。効果的な対策を紹介しましょう。

 日光を浴びると、皮膚はメラニン色素を生成し、紫外線を吸収しようとします。増えたメラニン色素は新陳代謝によってはがれ落ちますが、強い紫外線を長時間浴びるとメラニン色素の生成は過剰となり、シミやそばかすの原因になります。

 また、真皮を構成するコラーゲン線維などは、紫外線を浴びると減少することがわかっています。これにより肌の弾力性は減少、シワやたるみとなります。髪も、パサつき・退色・劣化などのダメージを受けやすくなります。

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1214文字)