ヘルスデーニュース

加害者の心も傷つく「ネットいじめ」

  • 文字
  • 印刷

 ネットいじめは、いじめる側といじめられた側のどちらでも心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症につながる可能性があると、英インペリアル・カレッジ・ロンドン精神科のAna Pascual-Sánchez氏らが「Archives of Disease in Childhood」6月23日オンライン版に発表した。調査からは、ティーンエージャーにおけるネットいじめの発生率は10~40%と推定された。また、同氏らは、ネットいじめは昼夜を問わず匿名で行われるため、対面的な従来型のいじめとは異なる特別なリスクを伴うとの考えを示している。

 ネットいじめとは、オンライン上での嫌がらせや誹謗中傷のことを言い、匿名でなされることが多い。今回の研究は、ロンドン市内4カ所の中等学校に通うティーンエージャー(11~19歳)の生徒2218人を対象としたもの。質問票を用いてネットいじめの実態を調査した。

 その結果、生徒の46%が従来型のいじめかネットいじめのいずれかの経験があり(従来型のいじめが33.5%、ネットいじめが25.5%)、17%は被害者として、12%は加害者として、4%はその両方でいじめに関与していた。

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1530文字)