実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 「感染しない方法は」谷口恭医師講演

高木昭午・毎日新聞医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
講演会の冒頭であいさつする谷口恭医師。新型コロナウイルスの感染防止対策のため、フェースシールドをつけて臨んだ=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2020年7月2日
講演会の冒頭であいさつする谷口恭医師。新型コロナウイルスの感染防止対策のため、フェースシールドをつけて臨んだ=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2020年7月2日

 医療プレミアで「実践! 感染症講義-命を救う5分の知識-」を約5年にわたって連載している谷口恭医師(太融寺町谷口医院院長)が2日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、新型コロナウイルス感染症をテーマに講演しました。タイトルは「マスクなしであいさつできる日はいつになるのか?」。内容には「新型コロナに感染しない二つの方法」もありました。ポイントを紹介します。

 谷口医師は総合診療医で、大阪市の中心部で開業しています。感染症に詳しく「どのような疾患にも」「どのような患者さんにも」対応することを方針として掲げています。新型コロナの流行で「発熱患者は診療できません」という医療機関が増えましたが、谷口医師は患者を断ることなく診療を続けてきました。

 講演によると今年2月以降、新型コロナと確定した患者を1人、「おそらく間違いない」患者を5~6人、「可能性は十分にある」患者を約30人診療したそうです。

 表現があいまいなのは、谷口医師が要請しても、新型コロナだと確認するPCR検査を受けられなかった患者が大半だからです。高熱が10日続き、医療機関10軒以上に診療を断られて谷口医師のところに駆け込み、それでも検査…

この記事は有料記事です。

残り3121文字(全文3621文字)

高木昭午

毎日新聞医療プレミア編集部

たかぎ・しょうご 1966年生まれ。88年毎日新聞社入社。94年から東京、大阪両本社科学環境部、東京本社社会部などで医療や原発などを取材。つくば支局長、柏崎通信部などを経て、17年に東京本社特別報道グループ、18年4月から医療プレミア編集部記者。