ジソウのお仕事

高校、辞めないで

青山さくら・児童相談支援専門職員
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナ感染拡大の影響で雇用の悪化が進み、シングルマザーなど子育て世帯の困窮が伝えられています。児童相談所で働く青山さくらさんが今回語るのは、高校に行ったり行かなかったりする女の子とのやりとり。今の日本で一人親家庭の子どもが希望を失うことなく独り立ちできるよう見守るにはどうしたらよいのか。悩みは尽きません。

この記事は有料記事です。

残り2437文字(全文2593文字)

青山さくら

児童相談支援専門職員

「青山さくら」はペンネーム。複数の児童相談所で児童福祉司として勤務。「ジソウのお仕事」は隔月刊誌「くらしと教育をつなぐWe」(フェミックス)で2009年4月から連載。過去の連載の一部に、川松亮・明星大学常勤教授の解説を加えた「ジソウのお仕事―50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所」(フェミックス)を20年1月刊行。【データ改訂版】を2021年3月に発行した。絵・中畝治子