ヘルスデーニュース

新型コロナ 対策多い会社は仕事の出来がよい

  • 文字
  • 印刷

 企業の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を検討した研究から、企業規模や業種によって対策の実施状況に明らかな差があり、対策をしっかり行っている企業ほど社員が効率よく仕事に取り組めていることが明らかになった。東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野の佐々木那津氏、川上憲人氏らが行ったオンライン調査の結果で、詳細は「Journal of Occupational Health」6月11日オンライン版、「Environmental and Occupational Health Practice」6月15日オンライン版に掲載された。

 川上氏らは、緊急事態宣言発出前の3月19日~22日に、国内企業の正社員を対象とする横断調査をオンラインで実施。回答者が勤務している企業のCOVID-19対策実施状況や心理的なストレス、仕事のパフォーマンスなどに関し、自記式アンケートによる回答を求めた。回答者1448人から内容に不備があったものを除き、1379人の回答を解析した。その平均年齢は41.2±10.5歳、男性50.6%で、所属する企業規模(従業員数)は、1,000人以上が33.1%、300~999人が16.6%、50~299人が27.3%、50人未満が23.0%。

 まず、企業のCOVID-19対策の状況を見ると、回答した社員の79.9%はアンケート回答時点において、勤務先から感染予防対策に関する何らかの社員向け通知を受け取っており、手洗いなどの個人予防対策の励行は約8割の企業で実施されていた。ただし、高齢者や妊婦などのハイリスクとされる社員への配慮(39.8%)や、感染時の補償に関する情報提供(35.3%)、テレワークや在宅勤務の励行(26.8%)などの実…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1648文字)