実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ できた抗体が消える?

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
新型コロナウイルスの抗体保有検査会場で行われた採血のデモンストレーション。看護師は感染対策としてフェースガードなどを装着していた=東京都板橋区で2020年6月1日、北山夏帆撮影
新型コロナウイルスの抗体保有検査会場で行われた採血のデモンストレーション。看護師は感染対策としてフェースガードなどを装着していた=東京都板橋区で2020年6月1日、北山夏帆撮影

 過去半年間で世界を大きく変えてしまった新型コロナウイルスはまだまだ謎だらけです。そういった謎の例として、前々回は「まったくの無症状者からの感染はあり得るのか」、前回は「空気感染は起こり得るのか」について述べました。今回は「日本人の低い抗体陽性率は本当か」を考えてみたいと思います。

 過去のコラム「新型コロナ ソフトバンクと東大の抗体調査」で言及したように、ソフトバンクグループ(SBG)の調査は疫学的に非常に意義があるものです。その最大の理由は規模の大きさで、わずか1カ月ほどで4万4000人あまりに検査が行われました。同社が調査に用いた検査キットはイムノクロマト法と呼ばれるもので、精度はそれほど高くありません。しかし、これだけの人数に検査が行われると全体の傾向を知るのにはとても有用です。同社の調査結果では日本人の抗体陽性率は0.43%でした。その後発表された1000~3000人程度を対象とした厚生労働省の調査や山形大学病院の調査でも抗体陽性率は0.5%以下と非常に低いものでした。

 これらの数字は海外の実態からは大きくかけ離れています。例えば、ドイツ北西部のガンゲルトの調査では住民の15%が陽性ですし、米ニューヨーク市では約2割と報道されています。米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は6月25日の記者説明で、全米の5~8%がすでに感染したとの推定を示しました。

この記事は有料記事です。

残り2578文字(全文3172文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト