医療・健康Tips

不妊の背景に子宮内膜症?

  • 文字
  • 印刷

 子宮内膜症は晩婚化や少子化などライフスタイルの変化に伴って近年増加している病気の1つ。月経のある女性の10人に1人はかかっているといわれている病気です。不妊の背景に子宮内膜症が影響していることも少なくありません。

 子宮内膜は子宮の内側を覆っている組織で、卵巣から分泌されるエストロゲンによって、妊娠準備のために増殖し、妊娠が起こらないと増殖した組織が剥がれて、経血として体外に排出されます。これが毎月起こる月経です。

 子宮内膜症とは、卵巣や腹膜などの子宮以外の部位に、本来あるはずのない子宮内膜組織が発生してしまう病気です。子宮内膜組織は子宮以外の場所にあっても、毎月増殖と剥離を繰り返し、徐々に病巣が大きくなり、出血部位が癒着したりします。これによって月経痛や腰痛、不妊を招きます。

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文1786文字)