医療・健康Tips

腰痛が長引いたら受診を!

  • 文字
  • 印刷

 腰痛は国民病ともいわれるように、多くの人が抱えている体の不調のひとつです。厚生労働省による生活基礎調査でも、自覚症状としての訴えで、ここ十数年、男性では1位、女性では2位を占めています。

 腰痛持ちという表現もあるように、病院を受診するほどでもないけれども、だましだまし腰痛と付き合っているという人も少なくありません。受診のタイミングや自宅でできるセルフケアなどは、どのようなものなのでしょうか。

 腰痛は慢性的なものも少なくありませんが、たとえ軽い痛みでもそれが6週間以上続くような場合には、きちんと診察を受けて原因を調べることをおすすめします。

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1374文字)