超高齢化時代を生きるヒント

安楽死を望む患者に医師がすべきことは何か

小野沢滋・みその生活支援クリニック院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 京都で非常に驚くような事件が起きました。筋萎縮性側索硬化症(ALS)にかかり安楽死を望んでいた女性に対して、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で知り合った医師2人が致死的な薬剤を投与して死に至らしめたというものです。この原稿を書いている7月24日の時点での報道によれば、SNS上で安楽死を求める女性の書き込みに対して医師は、訴追されなければお手伝いします、と返信し、100万円を超える金銭授受もあったとのことです。また、医師の一人は宮城県で緩和ケア病床のあるクリニックを運営していたとのことです。今から15年ほど前、ALSの患者さんから「もし、意思疎通できなくなったら人工呼吸器を外してほしい」と要望書が出され、当時勤務していた病院の倫理委員会で討議した日々がこの前のことのように思い出されました。

 当時、倫理委員会は、残された機能を使い前向きに活動してきた本人の強い意思があるのに、本人以外の考えで人工呼吸器を外さないのは、むしろその方が倫理に反するという結論に達しました。しかし、院長と私とで、法曹界や検察OBの方たちと面談した結果、主治医の私が刑事告発を受ける可能性を否定できませんでした。院長としては容認できないということになり、人工呼吸器はつけたまま、社会の議論の成熟を待つ必要があるとの判断に至りました。報告書には、本人の意向や、機器の発達を含め、周囲の状況は変化する可能性がある、と盛り込みました。

 倫理委員会の議論の結果について患者さんに報告したところ、ご本人の意思は変わりませんでしたが、「一緒に考えてくださる方がいてありがたい」と言われたことを覚えています。

この記事は有料記事です。

残り2577文字(全文3274文字)

小野沢滋

みその生活支援クリニック院長

おのざわ・しげる 1963年相模原市生まれ。90年東京慈恵会医科大学医学部卒業。在宅医療をライフワークにしようと、同年から亀田総合病院(千葉県鴨川市)に在籍し、99年同病院の地域医療支援部長に就任。22年間、同病院で在宅医療を中心に緩和医療や高齢者医療に携わってきた。2012年に北里大学病院患者支援センター部副部長を経て、13年に同トータルサポートセンター長に就任。同病院の入院患者に対して、退院から在宅医療へスムーズに移行できるよう支援してきた。16年相模原市内で在宅医療専門の「みその生活支援クリニック」を開設。亀田総合病院在宅医療部顧問。日本在宅医学会認定専門医。プライマリケア連合学会認定医、日本緩和医療学会暫定指導医。日本在宅医学会前理事。日本医療社会福祉協会理事。一般法人社団エンドライフケア協会理事。相模原町田医療介護圏インフラ整備コンソーシアム代表。