ジソウのお仕事

「子どもを保護すべきだ!」

青山さくら・児童福祉司
  • 文字
  • 印刷
 
 

 児童虐待や育児放棄の事件が報道されると、「児童相談所(児相)はなぜもっと早く子どもを保護しなかったのか」という声があがります。でも、子どもが学校で問題を起こしたり、教員から見てだめな親だったりしても、親子の関係がどうなのか、保護者がどれだけ懸命に子どもを育てようとしているのか、家庭の外からは簡単にわからないものです。児相の職員、青山さんが今回、伝えたいことは?

この記事は有料記事です。

残り2363文字(全文2545文字)

青山さくら

児童福祉司

「青山さくら」はペンネーム。複数の児童相談所で児童福祉司として勤務。「ジソウのお仕事」は隔月刊誌「くらしと教育をつなぐWe」(フェミックス)で2009年4月から連載。過去の連載の一部に、川松亮・明星大学常勤教授の解説を加えた「ジソウのお仕事―50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所」(フェミックス)が20年1月刊行された。絵・中畝治子