実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 自粛不要論は正しいか

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「新型コロナウイルス感染はただの風邪」と言う人は減ってきてはいますが、一定数の人は今も自説を曲げようとしません。有名なところでは、ブラジルのボルソナロ大統領は、前の日に受けた新型コロナの検査で陽性だったことを記者会見で発表し、その直後に、マスクを外して記者団を驚かせました。「ウオッカとサウナでコロナは防げる」と以前から発言していたベラルーシのルカシェンコ大統領は、自らが感染しても無症状であったことをアピールし現在もマスクを着けていません。

 日本の政治家でここまで大胆な行動をとる人は見当たりませんが、街を歩けばマスクをしていない人たち(若者とは限らない)がそれなりにいますし、医療者の間でも、「ただの風邪」という声は減りましたが、現在の自粛政策が「やりすぎだ」とする意見は依然根強くあります。今回はそういった考えが生まれる根拠を紹介し、今後我々はどうすべきかについて私見を交えて述べていきたいと思います。

 最近話題になった「自粛不要論」を見てみましょう。一つは「週刊新潮」8月6日号に掲載された特集記事「実は3人に1人は感染済み! 『コロナ拡大』を恐れる必要がないこれだけの根拠」です。同誌は、国際医療福祉大学大学院の高橋泰教授を取材しています。記事によると、高橋教授は「新型コロナは毒性が低いので、(人体が)抗体を出すほどの外敵ではなく、自然免疫による処理で十分だ」と主張しています。

 ここで語句を解説しておきます。一般に感染症は「病原体に対する抗体が形成されれば、その病気にはかからない」と考えられています。ワクチン接種は抗体をつくるのが目的です。実際、麻疹や風疹、B型肝炎などは、ワクチンを打った後、抗体が形成されて初めて安心できます。そして抗体による免疫を「獲得免疫」と呼びます。

 一方、「自然免疫」というのは抗体に頼らない免疫で、さまざまな細胞やサイトカイン(免疫に関わる物質)が病原体を攻撃することをいいます。免疫の強さでいえば、獲得免疫(抗体)のほうが自然免疫よりずっと強いのですが、高橋教授は「新型コロナはたいしたことのない感染症であり自然免疫で十分に対抗できる」と考えているわけです。

 この考えが面白いのは…

この記事は有料記事です。

残り3462文字(全文4377文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト