ヘルスデーニュース

ドラムをたたいて認知機能向上

  • 文字
  • 印刷
特別養護老人ホームでの研究の様子=東京大/理化学研究所:宮崎敦子氏提供
特別養護老人ホームでの研究の様子=東京大/理化学研究所:宮崎敦子氏提供

 認知症があっても大勢で輪になりドラムを叩くという体験を楽しむだけで、認知機能が改善する可能性のあることが報告された。理化学研究所計算工学応用開発ユニット(ISC)の宮﨑敦子氏らが、「Frontiers in Aging Neuroscience」7月2日オンライン版に報告した。認知機能だけでなく、上肢機能の改善効果も認められたという。 

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1665文字)