ヘルスデーニュース

アルツハイマー 高齢でも読書でリスク減?

  • 文字
  • 印刷

 アルツハイマー病の発症リスクを高めたり低くしたりする可能性が高い、10項目の因子が明らかになった。糖尿病はリスクを高める因子の一つだという。復旦大学(中国)のJin-Tai Yu氏らが行ったシステマティックレビューとメタ解析の結果であり、詳細は「Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry」7月20日オンライン版に掲載された。

 アルツハイマー病は高齢者で最も多いタイプの認知症。米国アルツハイマー病協会によると、米国の65歳以上の人のうち500万人以上が罹患しており、2050年までに3倍に増えると予測されている。そのため、予防法の確立が急がれている。

 Yu氏らは、アルツハイマー病の危険因子と抑制因子を検討した論文のシステマティックレビューを実施。PubMed、EMBASEなどの文献データベースに2019年3月までに公開された論文を対象として、「アルツハイマー」、「認知症」、「予防」、「リスク」などのキーワードで検索した。すると、3万3145件の観察研究と1万1531件の無作為化比較試験、計4万4676件の論文がヒットした。事前に定めていた適格…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1422文字)