人生の筋トレ術

「中高年男性は口臭がキツイ」は本当?

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 マスク生活が始まって早くも半年あまり。マナブさんはあることがずっと気になっている。「なんだか口がにおっているような……」。マスクの内側にこもった自分の息に、今まで意識しなかったにおいが混じっている気がする――。

口臭ケアに熱心でなかった日本人

 新型コロナウイルスのパンデミック前、日本を訪れた外国人が驚いたのはおもてなし精神だけではなかった。2015年 10月、歯ぐきの健康の啓発団体、オーラルプロテクトコンソーシアムは在日外国人100人を対象とする調査結果を発表している。それによれば「日本人の口臭にガッカリした経験はあるか」という質問に、なんと72%が「はい」と回答していた。「キスやハグの習慣のない日本人は、もともと欧米人に比べると、さほど口臭ケアに熱心ではないのでしょう」。こう話すのは口臭予防に詳しいE.Breath Clinic(イーブレスクリニック)心斎橋院長の本田俊一氏だ。

 とはいえ、口臭をめぐる感覚は人それぞれのようだ。他人に指摘されるまで気づかない人が多い一方、マナブさんのようにひとりで悩みを抱えるケースもある。まずは口臭の基礎知識をおさえたうえで、適切な予防や対策を心がけたい。

この記事は有料記事です。

残り2606文字(全文3109文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクションなどを経て、2001年から執筆活動。雑誌、ウエブ媒体などで、働き方や人事・組織の問題、経営学などをテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」「みんなでひとり暮らし 大人のためのシェアハウス案内」(ダイヤモンド社)など。