ヘルスデーニュース

たいていの運動は寿命を延ばす?

  • 文字
  • 印刷

 たいていの運動は長寿に同程度の効果がある可能性を示唆する研究結果を、米アリゾナ州立大学のConnor Sheehan氏らが発表した。研究では、特に、バレーボールやストレッチ、ウォーキングやエアロビクスなどのフィットネスが有効である可能性が示されたという。研究結果の詳細は、「Medicine and Science in Sports and Exercise」6月8日オンライン版に掲載された。

 Sheehan氏らは、米国の入院していない18・84歳の成人の代表サンプルとして、全米健康聞き取り調査(NHIS)が集めた2万6727人のデータを用いて、15種類の運動と死亡との関連を調べた。15種類の運動は、ウォーキング、ランニング、エアロビクス、ストレッチ、ウェイトリフティング、サイクリング、階段の昇降(以上、「フィットネス」のカテゴリー)、野球、バスケットボール、バレーボール、サッカー、フットボール(以上、「チームスポーツ」のカテゴリー)、水泳、テニス、ゴルフ〔以上、「facilities(特定の設備が必要なスポーツ)」のカテゴリー〕である。NHISへの参加者は、1998年に自分が行っている運動について回答し、死亡について2015年まで追跡された。

 17年間に及ぶ追跡期間中に4955人が死亡した。最初に、運動各種または運動カテゴリーごとに、他の運動の総運動量と、個人の属性や社会経済的地位、健康維持のための行動などの因子を調整して解析した結果、ウォーキング、エアロビクス、ストレッチ、ウェイトリフティング、サイクリング、階段の昇降が、死亡リスクの低下と関連することが明らかになった(オッズ比は0.78…

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1774文字)