ヘルスデーニュース

チョコがあなたのハートを守る?

  • 文字
  • 印刷

 チョコレートのような甘い菓子は健康に良くないと思いつつも、やめられないという人は少なくないだろう。また、新型コロナウイルス感染症抑止のための自粛生活のストレスで、チョコレートに手が伸びる頻度が増えた人がいるかもしれない。そのような行動に、わずかな“言い訳”を与えてくれるデータが報告された。チョコレートを1週間に1回以上食べる人は、心臓病になるリスクが低い可能性があるという。米ベイラー医科大学のChayakrit Krittanawong氏らの研究によるもので、詳細は「European Journal of Preventive Cardiology」7月22日オンライン版に掲載された。

 Krittanawong氏らは、チョコレート摂取と冠動脈疾患のリスクとの関連を検討するため、1966年~2020年1月に発表された論文を対象とするシステマティックレビューを行い、6件の前向き研究の論文を抽出した。研究対象者数は合計33万6289人(米国から26万6,264人、スウェーデンから6万8809人、オーストラリアから1216人)で、追跡期間中央値は8.78年だった。

 追跡期間中に2万1777件の疾患発症が記録され、そのうち冠動脈疾患が1万4043件で、心筋梗塞は4667件だった。その他、脳血管障害が2735件、心不全が332件記録されていた。

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1781文字)