実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

新型コロナ 最強の対策は「利他の精神」

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルスを軽視するのは危険だ、という話を繰り返し述べてきました。一部の人は軽視してよいと主張していますが、第2波で重症者が少なくみえる理由としてよく挙げられる「ウイルス弱毒化説」や「日本人に免疫ができた説」は実証されているわけではありません(参照:「新型コロナ 第2波で重症や死亡が少ないわけ」)。また自粛不要論を信じるのは危険すぎます(参照:「新型コロナ 自粛不要論は正しいか」)。一方、有効な治療薬があるとはいえず(参照:「新型コロナ 効く薬が出る見通しは」)、期待されているワクチンも、有効性と安全性が確立され国民全員に行き渡るにはまだまだ時間がかかります。ならば早期発見に努めることを考えて積極的にPCR検査を受ければいいのかというと、現在の日本の体制ではよほどのことがない限り検査を受けられません(参照:「新型コロナ 社会の要請に応えてPCR検査増を」)。

 では我々はひたすら家にこもり外出を控え状況を静観するしかないのでしょうか。もちろん一切の外出をやめる必要はありませんが、出ていこうと思ってもかつてのような行動がとれないのが現実です。海外旅行は当分の間行けないでしょうし、国内旅行についても政府は「Go Toトラベル」キャンペーンを実施しましたが、実際には「大阪や東京からは来ないでほしい……」と考える地域の人もいるのが現実なわけです。「人災」という言葉まで使って、キャンペーンを批判する地方自治体もあるほどです。

 前回のコラム(「新型コロナ 差別を恐れ検査を嫌がる人たち」)では、「陽性だと差別を受けるから……」という理由で検査を拒む人たちが多いという話を紹介し、感染者が出た京都産業大学の学生は、不当に悲惨な目にあったというエピソードにも触れました。先日は、クラスター(感染者集団)が発生した天理大学の複数の学生が、アルバイト先から出勤停止を求められたことが報道されました。

 過去のコラム(「新型コロナ マスク着用は地域ごとのルール化を」)でも述べたように、マスクをしていない人に注意した人が殴られる事件が国内でも起こり、米国では注意した警備員が射殺される事件もありました。英紙の報道によると、先月はフランス南西部の都市バイヨンヌで、バスの運転手が、マスクをつけていなかった客5人の乗車を断った後、暴行を受けて脳死となり死亡した事件が発生しました。

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文3244文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト